私は親になれない

流産を3回経験し、絶賛『鬱病』闘病中・子なし四十路女の小言。それでも切実に伝えたい事。この日本でも個人での自由な生き方がもっともっと当たり前になりますように.....。

子供がとても欲しくて結婚をし、当たり前に授かると思っていたらそうはいかなかった。
34歳から1年半の間に立て続けに3回流産、そして搔爬手術を受けました。 普通の産婦人科や不育症外来に通ったりする中で疑問に感じる事、沢山経験しました。
普通に生きていく中でも『子なし』というだけでカテゴライズされてしまい女は生きにくくなる。
こういった経験をしていない人や男性の言葉にも静かに沢山傷つきました。
流産・死産を経験してる人は意外といます。
今ある命を、授かった事を当たり前に思わないでほしい。
そして大切な命をお腹の中で亡くした人が一人でも『独りじゃない』と知って欲しい。
「個人」としてもっと自由に生きやすい国に早くなっていく事を願って止みません。
私が経験してきた事を綴っていこうと思います。
今現在、流産して辛い思いをされてる方、そのパートナー。子供が欲しくても授からない方、はたまた授かれた方にも是非読んでいただきたいです。
プロフィール
id:sakura6274 はてなブログPro
リンク
ブログ投稿数
98 記事
ブログ投稿日数
98 日
読者